葬儀の際の香典返しの金額の目安は「半返し」が主流だといわれています。お返しに適さない品物もありますので注意しましょう。
Show MenuHide Menu

お焼香の手順に自信がありません。正しい作法を教えてください。

2020年10月1日

葬儀での一般的なお焼香の手順についてご紹介いたします。

〇お焼香の順番と、お焼香の手順について

まず初めに、喪主の方からお焼香を行ったのち、故人と関係性が深い方から順番に行います。

喪主の後は遺族、最後に参列者がお焼香を行います。

お焼香の手順は、(椅子に座っている場合は起立し、畳に正座している場合はそのままで)僧侶に一礼をしてから、親族側の方は参列者(参列者の方は喪主、親族)の方へ一礼をしたのち、焼香台へ向かいます。

この時、畳に正座している場合は、中腰で移動します。

ここまでが、焼香台までの手順となります。

〇焼香台での手順

遺影に向かって合唱と一礼をしたのち、右手の3本の指(親指・人差し指・中指)で抹香をつまみ、額の高さで掲げながら祈ります。

つまんだ抹香は香炉の中に落とします。

この動作を全部で1~3回繰り返します。

合掌したのち、遺影に一礼をします。

僧侶、参列者(参列者の方は喪主、親族)に一礼をしてから席に戻ります。

〇お焼香の際の注意点

手袋を着用して参列された場合、お焼香の際は「手袋は外す」ということに注意しましょう。

お焼香の順番が近づいてきたら、自分の席で手袋を外し、手袋は持たずに席に置いていきます。

お焼香が終わり、自分の席に戻ってきた時点で、手袋を再度着用します。

本来は、「マスク」も同様に、自分の席で外してからお焼香をすることがマナーとなっていましたが、コロナ禍の中でマナーが変わりつつあります。

斎場の指示にしたがうと良いでしょう。